環境への取り組み

ホーム > 

ページタイトル画像
環境への取り組み image
ISO14001とは 図

[図1] ISO14001とは

東和興産は石油資源から得られる各種製品をとりあつかう事業を行っているからこそ、環境保全の責任を重くうけとめております。

業界に先駆け、2002年2月に環境ISO14001認証[図1]を取得し、以来「グリーンコーポレーションを目指そう」をスローガンに掲げ日頃の営業、業務、事務を通じ現場に根差した環境保全活動を展開しております。

毎年のISO14001維持・改善を目指し、
PDCA展開を確実に行っています。

環境側面の特定から目的・目標設定までの流れ

[図2]
環境側面の特定から
目的・目標設定までの流れ

その年の最優先課題を環境目的・環境目標と定め個別の環境管理計画(Plan)[図2]を策定し実績との予実管理に備えます。維持管理については、手順書などを含め維持管理項目管理一覧表[図3]にまとめ全拠点共通で行ないます。

環境目的・目標は、できるだけ一人ひとりの職務そのものに一体化させており、従って日々の営業活動や業務・事務作業そのものが(Do)になります。例えば、営業担当者はVA提案[図10]や、クリーンな産業エネルギーやLPGのご提案[図4]など、省エネや環境効果のある製品の販売を実施することにより環境活動を行っている、と考えています。

(Check)は監査の目が肥えた第三者が行えるよう、2002年より内部監査員養成セミナー[図5,図6]を実施し、且つ新人やベテランもOJTなどで監査スキルを磨けるよう頻繁に実監査に携わっています。監査結果についてはマネジメントレビュー[図9]にて維持・改善ができているかどうか確認し評価を下し、次年度への課題としてとるべき(Action)を示唆しています。

法的要求事項等の管理一覧表の事例

[図3]
法的要求事項等の管理一覧表の事例

VA提案把握のJob Cruise画面事例

[図4]
VA提案把握の”Job Cruise”画面事例

内部監査員セミナー事例

[図5]
内部監査員セミナー事例

終了テスト写真

[図6]
終了テスト写真

西関東支社想定訓練事例

[図7]
西関東支社想定訓練事例

本社分室想定訓練事例

[図8]
本社分室想定訓練事例

マネジメントレビューまでの環境ISO活動1年間の流れ

[図9]
マネジメントレビューまでの
環境ISO活動1年間の流れ

VA提案とは

[図10]
VA(Value Analysis)提案は、
コスト低減や機能性向上に
つながる改善提案のことです。

社内でも二酸化炭素の排出削減に結び付く
仕事のやり方を実践しています。

毎月のコミュニケーション活動の記録保管場所Job Cruise画面

[図11]
毎月のコミュニケーション活動の
記録保管場所Job Cruise画面

本社オフィス、サービスステーションの外部照明などのLED化により大幅な節電効果がでてきています。また社内のコミュニケーションツールの整備によりペーパーレスを進めており、ISOの資料についても「Job Cruise」を活用し、ISO維持審査に必要な書類はすべて電子化し、一画面で関連資料やバックアップデータを参照できるようになっています。[図11]